弟の家に行ってきました。車では良く行きましたが、電車で行くのは久し振りでした。駅周辺も随分変わっていました。色々楽しく話をしました。孫達の写真をみて、みんな大きくなってとびっくりしていました。2時間程お喋りして帰ってきました。

Phoneから送信
スポンサーサイト

主人の妹の旦那様が亡くなりました。御葬式に主人と2人で神戸市内の葬祭場に行ってきました。近しい人が亡くなり寂しいです。2人の息子がいろいろ頑張りお母さんを助けていました。明日からの生活は寂しいものになりますが、2人の息子達がお母さんを助けていくと思います。まー安心です。皆ご苦労様でした。

大阪住吉区での吟詠大会に主人が参加しました。その付き添いに行って来ました。あまり詩吟に興味はありませんが、少し吟の意味がわかってきました。参加者が少なくなり、また年齢も高齢化してきています。本当に後期高齢者の元気な方が多いです。やっぱりここでも女性が多いです。

近くの神社は少し紅葉した桜がありました。曇っていたので画像は綺麗に撮れていません。


主人の趣味の詩吟大会がありました。今日は何処の流派でも参加できる『吟詠大会」でした。毎年この時期にあります。住ノ江競艇場の反対側の近くの会館です。その会館へ行くときに通る「護国神社」があります。初めてお参りをしてきました。戦死者の慰霊碑や特攻隊の慰霊碑、馬、犬、鳥の慰霊碑もありました。こうしてお国のためにと人間もそれと行動を共にした動物達もお祀りされていました。

この境内でも『桜」が少し紅葉を始めていました


gokoku.jpg

詩吟をする人も『高齢化」してきて、出演する人数も随分減ってきているようです。いろんな部門での賞が出されます。主人も賞を頂きました。私は詩吟に関して何の興味もありませんし知識もありません。家で主人の練習を聞いているだけで「下手、上手」はわかりません。でもこの大会で初めて知りました。「主人もそれなりやなー」と
健康のために「腹式呼吸して大きな声を出す」ことはいいことです。もう少し応援してあげようかなーと思いました。休憩時間に「境内や近くの公園」を気持ちよく散策しました。芸術の秋の1日でした。

大阪相愛大学の「打楽器コンサート」へ午後から主人と2人で行ってきました。打楽器だけと言うのは初めてでした。力強くて元気になれるような感じです。暑さも大分まっしになり、朝夕が楽になりました。ここ数日は晩クーラー無しで寝られました。だんだん秋が近づいてきた感じがします。